中高年の転職成功は自分を的確に把握して明示できるかが鍵

中高年の転職成功は自分を的確に把握して明示できるかが鍵

 

 

 中高年の転職の発端はリストラによる勧奨退職や整理解雇である場合が少なくありません。自発的な意思によるものであっても厳しいのが中高年の転職ですから、何の準備もないまま会社を出ざるを得なくなった人なら余計に前途多難と思うものです。しかし、中高年ならではの転職成功の鍵も存在しているようです。

 

中高年でもコストパフォーマンスが良ければ問題なし
 そもそも、リストラで中高年に肩叩きをする場合には、多くの場合、高コスト体質が問題になっているわけです。役に立っていないとはいわないが、同じ働きをもっと安い若年層で代替できるケースも同様です。  つまりは、どんな時でもコストに見合う働きが出来れば転職の必要はないわけです。しかし、それほど完璧な人間はいませんから不幸にして会社を追い出されるかも知れない恐怖はなくなりません。
今欲しい人材であることが鍵
 企業の活動現場においても経験がモノを言う場面というものが少なからず存在します。そして、豊富な人材を抱えていられた昔なら、状況毎に誰かが対応できたといいます。しかし、現在は高コストを嫌うため経験ある中高年が不足しており対応出来ない企業も少なくないとも。  行き過ぎたコスト管理意識が逆に企業活動を苦しめる結果になっているという皮肉です。  自分に何が出来るのかを的確に把握したうえで「自分はこの仕事なら最初から最後まで完成させる事が出来る」と相手先企業に説明出来さえすれば中高年でも転職は難しくないケースが増えているようです。