私はある病院に来年から勤務します。

 

 私は気にしいなので、よく、チャットで就職試験の面接の時、面接官とこんな雰囲気だったら落ちると思っていいみたいな情報を見かけては、気になりましたが、こんなに練習していった志望動機が聞かれなかったのです。

 

 自分の面接をふりかえってみると、その大半が、趣味である弾き語りの話。自ら喫茶店などにお願いして披露の場を借りました、と説明すると、どんな歌を歌うのか、なぜそれをやるのか、どういうつもりでやるのか、など突っ込んで聞かれました。その場で「私の価値観を知ろうとしているな」とは感じました。そして、飾らずに素直に答えることで対応しました。つらいことがあっても絶対いいことが待ってる、あきらめないでという歌詞をつけることが多いとか、曲をプレゼントしたい気持ちでやているとか、シンプルに答えました。

 

 それで思ったんですが、企業はこの人と仕事しやすいかどうかを、効率や業績アップのために一番重視することもあるんだと。嘘ありを暗黙に了解されている空間でも、嘘をいいやすい志望動機を並べるよりも、信念でやる趣味をきけば深層心理がわかる、といったところでしょう。